会社沿革HISTORY

  1. HOME
  2. 会社情報
  3. 会社沿革
Scroll
昭和2710
加藤義信氏が、アスファルト及び土木資材の卸売を目的に新宿区矢来町で日東商事(株)を設立。本人が初代代表取締役に就任。
資本金~100万円。昭和石油(後、昭和シェル石油。現、出光興産)と特約店契約を締結。
日本鋪道(現NIPPO)と特約店契約を締結し、合材販売を開始。
昭和4111
資本金~1,000万円に増資。
昭和4811
資本金~4,000万円に増資、現在に至る。
昭和5010
取締役・上光常文氏が、加藤義信氏の死去に伴い代表取締役社長に就任。
本社オフィスを豊島区巣鴨に移転。
平成26
宇部興産との新規取引開始に伴い、石油化学製品の卸売業開始。
平成510
専務取締役・加藤賢二氏(義信氏の次男)が代表取締役社長に就任。
これに伴い、上光常文氏は代表取締役会長に就任。
平成1510
常務取締役・馬場克彦氏(会長の娘婿)が代表取締役社長に就任、現在に至る。加藤賢二氏は退任する。
平成172
雨水貯留浸透槽(プラスチック製品)事業に進出。
平成244
照明(LED)事業に進出。国内大手電機メーカーの製品他の取扱いを開始。
平成264
(株)日東ジオテクノを設立。
平成307
空調事業開始に伴いLED事業部を改組し、環境エネルギー事業部を立ち上げる。
平成3011
アスファルト事業部拡張の一環として、ヤマキ物産(株)を子会社化。
平成311
大阪支店開設
令和23
(株)日東ジオテクノの経営権を譲渡。
令和24
日立営業所開設。
令和28
本社オフィスを千代田区麹町に移転。
令和32
千葉工場(市原市)稼働開始。
令和310
創業70周年